カテーテルアブレーション 

チョッと落ち着いたので、今回の事、色々書いてみようと思います。


【 1月8日 入院 】 
4人の相部屋へ。 
術前検査で、試験管12本分を採血。。(;´Д`)
心電図、レントゲン検査。 

先生から明日の手術についての説明を受け、誓約書の記入などを行った。

無性に甘いものが食べたくて、Bigプッチンプリンと、チョコレートムースを寝る前に食べてしまった。 
9時消灯は早すぎて、よく眠れなかった・・・。 緊張もあるのかな。



【 1月9日 手術当日 】

朝から絶食。 開始予定は11時。
10時頃点滴と尿の管を付けられた。
緊張しながら待っていたが、前の患者の手術が長引き、結局午後にズレ込み。昼食も抜きになり、空腹が・・。
13時30分 心カテ室へ。
病室からストレッチャーに乗って移動。メガネを外したため、何も見えず返って気分が悪い。。

室内は少し肌寒いので、バスタオルを1枚余分に掛けてもらった。
スタッフは8名位?いたと思う。 胸の上に2台のX線透視の機械。で、その影に大きなモニター。
私からはモニターは見えない。 どちらにしてもメガネがないから見えないけど。
ビニールの布をかけられ、局部麻酔をプスっと・・・。 う、、、痛い。。☆
麻酔の効き目がイマイチだったため、追加でプスッと。。

徐々に麻酔が効いてきて、「今からカテーテル入れますよー」って先生が声をかけてきた。
右足の鼠径部の動脈と静脈に穴を開け、1本ずつカテーテルを入れます。

痛みではない、体内に異物が入ってきてる感覚が、分かった。モヤッとした、変な感覚。

「チョッと暑くなりますよー」って言われてすぐ、上半身の血管を熱いモノが一気に駆け巡った。ドッと汗が出た。
造影剤を注入したのだ。 あの感じは、驚いた。 

先生と、スタッフの声が。
「ハイいきます! 40、50、60ワット・・!」って、どんどん上げて、心臓の異常な電気回路を焼灼(しょうしゃく)しているようだ。
(聞こえるだけで、何も見えません。)

焼灼中は、痛くはないけど心臓の内部で何かが動いている感覚はあります。 緊張と恐怖で息苦しい・・。
それを何度かくりかえし、合計9ヶ所焼いたそうです。

最後に焼灼もれがないか確認のため、人工的に不整脈を誘発させます。
これが・・・とってもキツイ。。 
動悸がものすごく速くなり、ホントに大丈夫か?って心配になるくらいでした。
何より、終始怖かったです・・。 かなり長い時間に感じられました。



先生から、「ハイ、もう少しで終わりますよー。これでまたバイク乗れるからね。」
って、言われた瞬間に、涙が溢れて止まらなくなりました。
緊張が解けてホッとしたのと、いろんな想いとゆーか、とにかく泣いてしまいました。
なにより先生が、ちゃんと覚えててくれた事が嬉しかったです。

「痛いの? 大丈夫?」て心配してたけど、「わかんないけど涙が止まりません・・・」て答えが精一杯でした。
仰向けで手を出せないので、全部耳の穴に入っていきました。。
看護婦さんがやさしくフキフキしてくれました。


カテーテルを抜き、傷口は縫わずに圧迫止血します。
先生が、体重をかけて力いっぱい押さえつけます。動脈だし、血栓予防の薬のせいでなかなか止血しません。
10~15分ぐらいだったかな。けっこう長く圧迫します。


そのご、ガーゼとテーピングで↓こんな風にガッチガチに固定され、病室に戻り、5時間の絶対安静へ。。

DSC_0489.jpg
(※模型デス)

所要時間約2時間。  長く感じたけど、予定通りでした。


とにかく腰が痛くて、でも動いちゃダメで、手術よりもコッチの方がしんどかったです。

30分後に水が飲めるようになりました。 
2時間後に食事がとれました。
寝たままなので、ダンナに介助してもらいました。 要介護者みたいデス・・。 
やっととれた食事は、甘口のカレー。 病院食だけどとても美味しく感じました。

 
消灯後しばらくして、点滴と固定してたテーピングが外され、脚を曲げたり座居までは許可が出ました。
でもその日は腰痛が辛くて、寝返りもやっとで、あんまり動けませんでした。


【 1月10日 歩行 】
翌朝からは尿の管もとれて、チョとずつ歩けるようになりました。
やはり切ってないから、回復は早いですね。
この日は家族や友人がお見舞いに来てくれました。 



【 1月11日 退院 】
母親に迎えに来てもらいました。 同部屋のおばあちゃんたちが良かったよかったと言ってくれました。
食堂で退院記念の上ちらし寿司を。

DSC_0507.jpg
寿司コーナーの大将が、チョッとネタをおまけしてくれたっぽい。



心電図見比べ、ビフォー・アフター。 波形が明らかに違いますね。


ビフォー
DSC_03821.jpg

アフター
DSC_0481.jpg



ビフォー
DSC_0377_20130114144630.jpg


アフター
DSC_04831.jpg


その後の体調ですが、まずまずと言ったトコロです。
チョッとたまにドクドク強く感じる事がありますが、脈拍は正常範囲内ですし、多分大丈夫かと。
次の外来まではまだ様子見の段階です。
しばらくは重いものを持ったり、運動は控えるようにとのことです。

が、自宅にてうつ伏せになった拍子に、患部に力が入ってしまい、イテッ・・!と感じて後々見たらもう右コマネチあたりが内出血。

いまは紫の股のヒト・・・。。になってます。。。


そんなわけで、、色々反省しつつ。。 もうチョッと養生して、春に向けて準備してこかなと思います。



いろいろご心配頂いたみなさま、本当にありがとうございました。

今年もやりたいこといっぱいあるんで、がんばります!




スポンサーサイト
     

コメント

おめでとうございます

さいきです。初めてコメントします。
いまさらですが、成功おめでとうございます。
ブログを見てから気になっていたのですが、色々あって手術の結果を見れていませんでした。
私も14年程前にカテーテルアブレーションをやったんです。
私の場合は上室頻拍とかPSVTとか言われるものでした。
そしてアブレーションは残念ながら途中断念するという結果になってしまいました。
部位が悪かったようです。それでも術後は発作の出る回数が減ったし、バイクにも乗っています。
あやべーさんは完治して本当によかったです。
手術の間、結構辛いんですよね。手術台は硬くて痛いし。
ブログを読みながら当時のことを思い出していました。

ありがとうございます。

さいきさん、コメントありがとうございます。
そうだったんですか、同じ症状だったんですね。途中断念とは、さぞ辛かったでしょうね。
確かにそういう場合もあると、説明はされました。 検査である程度目星はつけるけど、実際の部位は、手術中に探りながら焼くって・・・。
なので術中も、不安でなりませんでした。
ワタシの場合は幸いうまくいったようです。 もう一回やるなんて、ホント勘弁ですよね・・。

実は今もたまに発作は出ますが、以前ほど長くは続かないし、気にする程度ではないですよ、という先生のお話なので、コレが完治なのかどうかは定かではないんですが。。。?? とりあえず、完治した!!って思うようにしています。
バイクにも乗れるようになったし、好きな事が出来るってコトは実に嬉しいですね。
ただ、体力がだいぶ落ちてしまったので、こまめに運動するようにしなきゃと思ってます。。

さいきさんも、お体大事にして 長くバイク乗れるようにがんばりましょう!
Secret

     
プロフィール

あやべ~

Author:あやべ~
オフロードが大好き♪ 
エンデューロ、トライアルを楽しんでます。  

相棒; KTM125EXC, TYS125F, TTR125, SEROW225WE   

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
リンク